バンザイ寝してませんか?

バンザイ寝や四の字脚、うつぶせ寝などしていませんか?
身長、体重、筋力などの体格、猫背や反り腰などの体形や
骨盤の開き、硬さによって寝相が決まります。
適度な寝返りは、睡眠中に血流を滞らせないために必要なことです。
何度も寝返りを打ってしまうのは、その負担や違和感や痛みを逃して緩和するためです。

ぐっすり熟睡できる寝姿勢は、あおむけ(上向き)でゆったりとまっすぐにした姿勢です。

肋骨が大きく広がり、呼吸が深く、大きくなり、体中の血流やリンパの流れが良くなります。
手足の関節もゆるんでしっかりリラックスできるので、体の疲れもしっかり回復します。

バンザイ寝の姿勢は、肩や背中の筋肉が緩み楽になります。
手を挙げるとのびをしているのと同じポーズになり、背中の沈み感から解放されます。
四の字脚寝は骨盤が開いている側を四の字にして寝がちです。
膝裏、太ももの裏が硬い方も寝るときに突っ張るためこのような寝姿勢になることが多いようです。

枕や布団を良いとされている物に変えても朝起きた時の痛みが改善されない時は、
根本から改善の必要があるかもしれませんよ。

ご相談・予約はLINEでお気軽にどうぞ!
↓↓↓LINE
友だち追加

整骨院アピフル
札幌市北区新琴似7条14丁目5−25
電話 011-766-1919

関連記事

  1. その治療で大丈夫!? 痛みが改善しない

  2. 肩こり

    肩がコリ、固まり辛い!!

  3. 膝が痛い!!  その1

  4. スノーボード、スキーでの膝の痛み

  5. 新北海道スタイル安心宣言

  6. 雨の日は体もどんより

PAGE TOP