顎関節症治療

当院では顎関節症の専門的な治療を受けることができます。
現在では顎関節症の年齢層も幅も広くなり、顎関節症の男性の方も多く見受けられます。顎関節症にかかると、顎周囲の筋肉の緊張により顎の関節に負担がかかってしまい、痛みや違和感、開口障害が現れてきます。一般的な治療法としては、マウスピースやスプリントを使用して症状を改善すること。または痛み止め、筋肉を緩める薬などの処方、歯自体の調整、マッサージや電気療法(低周波、微弱電流、超音波療法など)などです。ただ、そのほとんどが顎の筋肉を緩めるだけの治療です。
当院の顎関節治療は、全身の関節や筋肉の調整を行い、必要であれば顎関節自体にアプローチをかけて行きます。顎関節に痛みがある状態での治療は非常に痛みを伴いますので、限りなく痛くない治療を心掛けております。
当院での顎関節症の治療の流れ
当院には、様々な顎関節症の患者様がご来院されています。その場合の治療としては、顎関節自体 1~3割、顎関節以外7~9割程度の割合で治療を行っています。

顎関節症治療の流れ

顎関節の検査、触診
原因と考えられる全ての部位を検査します。(例:骨盤の異常 足の関節 その他様々な箇所)
原因について説明させて頂きます。

治療開始
治療方法は、手技療法、電気療法、超音波療法などを行います。(電気療法は顎関節以外に行う場合が多いです)
治療後、自宅での運動方法を指導

今後の治療計画の説明
そもそもなぜ顎関節症になるのか?
院長自身が顎関節症を経験しています。だからその辛さが分かります。
実は、私自身が顎関節症になってしまった経験を持っています。その時は、指一本分も口が開かなくなり、口を開ける度に激痛が・・・。この経験が自分自身で治療方法を学ぼうと思ったきっかけです。では、なぜ顎の筋肉が堅くなるのでしょうか?

それは身体の歪みから顎の筋肉が硬くなるからです。そして以下に上げるようなことでも、顎関節症の引き金となる場合があります。

顎関節症の原因となるもの

硬いものを噛みすぎ
口やアゴの使いすぎ
ストレス
アゴをぶつけるなどの外傷・ケガ
身体の不良姿勢、身体の歪みや痛み ※原因1番
歯並びや歯の高さ

顎関節症の治療での注意事項

治療後に炎症の箇所を施術するので、痛みが強くなる場合があります。
原因となっている様々な箇所を施術しますが、当日、翌日に痛みや違和感がおこる場合があります。
顎関節症の程度によっては、施術不可能な場合があります。その際は説明をさせて頂きます。
また、顎関節・全身の施術後に歯の噛み合せが悪くなる場合があります。施術の効果によって、歯の高さ自体が適合しなくなることもございますので、その際はかかりつけの歯科にご相談下さい。

ご来院頂く際は、保険証をご持参ください。
※保険を使わない方は窓口で「使いません」とお伝え頂ければ結構です

PAGE TOP