寝正月2日で1年分の筋力低下!?

今年の年末年始は自宅で過ごす方が多いのではないでしょうか。
寒波も来るので尚更家から出ずに寝正月♪
と、思っているそこのあなた・・・。

普段から特に運動やトレーニングをしなければ、
筋肉量は20代をピークに1年におよそ1%ずつ細くなっていくといわれています。
1日ゴロゴロして過ごすと0.5%、2日で1%の筋力が低下・・・。
ということは、
2日寝正月をすると、1年分の筋肉量が失われてしまうことに。

・・・恐ろしや。

正月に限らず、今年は特に外出自粛や在宅勤務等で体を動かす時間が減り
「コロナ太りよ・・・」
という方も多いのですよね。

最近こんなこと感じませんか?

1.日常生活で著しい体力の衰えを感じる
2.体脂肪は変わらないのに体重が減っている
3.以前に比べて腕や脚が細くなった
4.冷え性になりやすくなる

自分で自覚できるほど以前に比べて明らかに体力の衰えを感じる場合は、筋肉量の減少が原因として考えられます。
筋トレも運動もしてないのに体重が減った方は筋肉量が減った可能性が大です。
筋肉が落ちて脂肪そのまま状態では痩せにくい体になっているので要注意ですよ!
筋肉は体温を保持するために“熱”を生み出す役割も担っているのです。
女性に冷え性が多いのは、男性に比べてもともとの筋肉量が少ないからといえます。そのため、男性も筋肉量が少なくなればカラダが冷えやすくなってしまうでしょう。

コロナ禍で迎える初めての年末年始。
感染対策はもちろん、健康管理・体重管理にも気を付けて充実の休暇をお過ごし下さい。
皆さま健康で新年を迎えられますようお祈り申し上げます。

関連記事

  1. スタンサーにて体診断

  2. ジム設備のご紹介

  3. トレーニングできます!

  4. おうちトレーニング

  5. おでん

  6. 冬本番!

PAGE TOP